ページ3

Q&A

ジム・ハンブル氏の著書

~Chapter 18 Making 13 or More Bottles in Your Kitchen~ から 

亜塩素酸ナトリウムが手に入るなら、誰でも自由にMMSを作って販売することが出来ます。18章にMMSの作り方等が説明されています。ジムハンブル氏は、亜塩素酸ナトリウムの保管も勧めています。

The government will be acting at the request of the drug companies to limit the sales of sodium chlorite. Once sodium chlorite swing into use for MMS, it will eat into the profits of the drug companies. They will fight. They can't win, but you can believe they will try. You can help this program simply by buying 100 pounds and storing it.

MMSの普及に貢献できるよう、頑張ります。


商品の発送国でも直接MMSの販売をしておりますが、金銭に余裕がない現地の方々には無料配布をしています。諸経費(サーバーレンタル・ドメイン等)を除く当オンラインショッピングでの売上は、すべてここ現地でのMMS無料配布用に使わせてもらっています。注射器の販売も始めたのは、ペット用に注射器が必要だった時、日本では針付きが手に入らなかったと聞いたからです。販売している注射器(針付き)は、人への医療用の物です。点滴セットもここでは自由に個人で手に入りますので、欲しい方は連絡を下さい。送料と実費をご負担頂ければ、お届けいたします。


どのような言葉を検索に入れてここにたどり着かれるのかを知りたい為、アクセス解析をつけております。どなたかのブログのコメント欄に、当サイトのURLが貼られておりました。多くの人に知ってもらえるのは嬉しいのですが、オンラインショッピングとしては、どこかのサイトに自分でリンクを貼る等の宣伝行為は一切行っておりません。検索で見つけてもらえればと、思っております。多くの方に見つけてもらい、癌やエイズは治ると希望を持ってもらえると嬉しく思います。


MMSの原料となる亜塩素酸ナトリウムですが、当国にも支店がある業者に頼んでいるのですが、当国へは亜塩素酸ナトリウムの取り扱いがなく、成分の関係上、別コンテナでの扱いになってしまいます。亜塩素酸ナトリウム自体は高いものではありませんが、別扱いのコンテナ代が実はかなり高いです。その為、市販に出回っている価格での提供で、いくらかの利益を上乗せさせてもらっています。まだまだコンテナ代にはなりませんが、それは当分は考えないことにして、当オンラインショッピングサイトでの利益は、現地での無料配布や宣伝等(個人宅の壁・個人の車のリアガラス・チラシ等)に使わせて頂きます。


MMS2の販売は、特にしておりません。自分で販売を始める前に、他で販売されているMMS2の定番サイズを購入したことがありますが、残念ながらカプセル一個をそのまま飲むと、吐き気と気持ち悪さで倒れてしまうほどの強烈的なものでした。多分推測になりますが、日本人には無理な量ではないかと思います。そして、開封後にはすぐに湿気てきて、カプセル同士が容器の中でくっついてしまうとい、半分以上使い物にならなくなりました。薬局で売られているカプセルに、自分が飲めるだけの量の次亜塩素酸カルシウムを、必要な時にだけ詰めて飲む方がいいのではないかと思い、MMS2の販売はしておりません。

戻る